Valkommen! 【ヴェルコーメン!】北欧インテリア&ライフスタイル|JOBS〈ヨブス〉手染めテキスタイル 北欧最後の手染めテキスタイル〈ヨブス〉を中心に、スウェーデンのロハスで彩り豊かなインテリア&ライフスタイルを提案|by Sweden Home Gallery|スウェーデンホームギャラリー|http://www.sweden-sweden.jp

【【終了しました】】伊勢丹新宿店 北欧展のご案内

巷ではハロウィーンで盛り上がっていますね。

早いもので、今年ももうすぐクリスマスシーズンですね。
そして、11月と言えば、見逃せないのが伊勢丹新宿店恒例の「北欧展」。
初回北欧展から9回目を数える北欧展は、今年は本館5階センターパーク/ザ・ステージ#5で開催される「北欧空想百貨店」*と並列での開催となります。
               *「北欧空想百貨店」については別途ご案内いたします。
さて、今回の「北欧展」では、当店はスベンスク・テンや、カール・ラーションの世界、エーケルンドのテキスタイル類、そして選りすぐりの希少価値の高いアイテムや今回だけの他では見られない超豪華限定アイテムを取り揃えて皆様にご案内いたします。
特に、83才の人間国宝的な巨匠ウウシタロ氏の作品や、カール・ラーションデザインのペンダントランプ「睡蓮」は、本邦初公開の逸品です。

是非ともこの短期間の機会をお見逃しなくお誘い合わせてご来店ください。
主な出品アイテムは下記の通りです。
===================================================
               Scandinavian Winter Holiday
                      ~北欧展~
      11月11日(水)~16日(月)伊勢丹新宿店本館7階=催物場 【終了しました】
 -------------------------------------------------------------------------------------
   1692年創設の歴史あるリネンブランド<エーケルンド〉や、北欧インテリアデザインの
       代名詞〈スベンスク・テン〉、そして北欧の冬のライフスタイルを彩る
      厳選されたインテリアアイテムの数々を取り揃えてご紹介いたします。
        30種を超える見応えのあるダーラナホースのコレクション、
         巨匠ウウシタロ氏による白樺樹皮の貴重な作品や、
     スウェーデンの国民的画家、カール・ラーション(1853-1919)や
       ジェリー・ルーペ(1919~2005)のビンテージアイテムも
---------------------------------------------------------------------------------------
a0160631_18434493.jpg

♪出会って感動♪触れて感動♪買って感動♪使って感動♪いつまでも感動を大切に♪

【出品アイテム】
+ 白樺樹皮の籠&トート
+ インテリアテキスタイル&テーブルウェア
+ テーブルリネン
+ ダーラナホースコレクション
+ クリスマスインテリア・デコール、オーナメント
+ キャンドルホルダー、アドベントキャンドル
+ 2016豪華アートカレンダー(カール・ラーション)
+ カール・ラーションアートプリント&ブック
+ クッション
+ テーブルランプ/ペンダントランプ
+ タペストリー、アートパネル
+ トレイ
+ バッグ/パーソナルアイテム
+ 北欧モチーフのナプキン

【主なブランド・コレクション】
〈スベンスク・テン〉
〈カール・ラーション〉
〈ジェリー・ルーペ〉
〈R.ウーシタロ〉
〈ネクロス〉
〈ハントヴェルク〉
〈グランナス&ニルス〉
その他

---------------------------------------------------------------------------------
※出展期間中、ギャラリー店舗はクローズドとなります。オンラインでのご対応になります。
スウェーデンホームギャラリー公式ウェブサイトはこちら
www.sweden-sweden.jp
お問い合わせ先: info(a)sweden-sweden.jp (a):@に置き換えください
[PR]
トラックバックURL : https://valkommen.exblog.jp/tb/21791353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by god_dag | 2015-10-31 17:15 | Vägledning|お知らせ | Trackback | Comments(0)